SUGARHOUSE

絵本、漫画、アナログゲームの紹介や教育、田舎暮らしなど日々のことを気ままに書いています。

三びきのやぎのがらがらどん

calendar

SUGARHOUSEでは、絵本の古本を主に販売しています。
そこで、当店おすすめの絵本を紹介したいと思います。

今回紹介するのは、「三びきのやぎのがらがらどん」です。
1965年に福音館書店から発行されました。
初版本が販売されて52年になりますが、マーシャ・ブラウンさんの軽快でポップな色づかいの絵が印象的な、いまだに色あせない楽しい絵本です。
瀬田貞二さんの訳もすばらしく「ぐりぐりめだまはさらのよう、つきでたはなはひかきぼうのようでした」という文は、トロルの不気味さを際立たせています。
ちなみに、瀬田貞二さんといえば、J・R・R・トールキンの「指輪物語」(映画「ロードオブザリング」の原作)「ホビットの冒険」も名作なのでぜひ読んでみてください。
そして、ちいさいやぎの「かた こと かた こと」から二ばんめやぎの「がた ごと がた ごと」、そして一番大きいやぎの「がたん ごとん がたん ごとん」と、トロルとのやり取りを繰り返しながら橋がきしむ音がだんだん大きくなっていく展開によって、子どもたちの期待感も高まってきます。

子どもに読み聞かせをするときは、声の大きさと調子を変えて読むほうも楽しみながら読んでみてくださいね。