SUGARHOUSE

絵本、漫画、アナログゲームの紹介や教育、田舎暮らしなど日々のことを気ままに書いています。

肉食動物と草食動物の共存する学園漫画「BEASTARS」

calendar

reload

肉食動物と草食動物の共存する学園漫画「BEASTARS」

最近一番ハマっている漫画が、週刊少年チャンピオン連載の「BEASTARS」です。

肉食動物と草食動物が共存する学校で、深夜、演劇部員であるアルパカのテムが何者かに殺された。犯人は学校の肉食獣である高いという。学校内の肉食と草食との間に不穏な空気が流れ始める。そんな中、草食動物であるアンゴラヒツジのエルスをじっと見つめる男がいた。演劇部の美術チームにいるハイイロオオカミのレゴシである。レゴシはエルスにテムの死について尋ねたりテムのロッカーを開けたり不審な言動をする。
そして、満月の夜、一人になったエルスのもとにレゴシが近づいていく…

第一話から一気に物語に引き込まれました。
肉食動物>草食動物っていう絶対的な捕食関係の存在を本能的に分かっているのに、平等であることをルールとするいびつな世界。その中で苦悩し葛藤するキャラクターたち。
無口で見かけは怖いけど、人一倍繊細で優しいレゴシ。
演劇部のスターであり、動物界の頂点「ビースター」を狙うアカシカのルイ。
園芸部で、オスにモテるせいでメスたちから嫌われているドワーフ種のハル。
どのキャラクターも立っていて今後の展開がすごく楽しみです。

ちなみに作者の板垣巴留先生って「刃牙シリーズ」の板垣恵介先生の娘ってうわさは本当なんでしょうかねぇ。