SUGARHOUSE

絵本、漫画、アナログゲームの紹介や教育、田舎暮らしなど日々のことを気ままに書いています。

空に浮かんだ動物たちとブタヤマさんのリアクションが楽しい 「キャベツくん」

calendar

今回紹介するのは、長新太さんの「キャベツくん」です。

キャベツくんが歩いていると、お腹をすかせたブタヤマさんに出会います。
ブタヤマさんは、キャベツくんを食べようとします。
キャベツくんは、「ぼくを食べるとこうなる!」と言うと、空にはなんと…

まず、表紙からすごくシュールです。
道の真ん中に立っているキャベツが頭のキャベツくん。
後ろには黄色い大地に青い森があって、地平線のかなたには黄色い空が広がっています。
長新太さん独特のセンスが光っています。
ブタヤマさんがキャベツくんに「ヘビは?」「タヌキは?」とたずねる度に、体の一部がキャベツになった動物たちが空に浮かびます。
その絵がまたシュールで、「ブキャ!」と驚くブタヤマさんのリアクションもかわいいです。
ページをめくっていくほど、長新太さんの不思議ワールドに引き込まれていきます。
親子でどんな動物になるのか想像しながらページをめくってみてください。
きっと予想を超えた動物たちの姿に大笑いすることと思います。

この記事をシェアする