SUGARHOUSE

絵本、漫画、アナログゲームの紹介や教育、田舎暮らしなど日々のことを気ままに書いています。

読み聞かせの面白さって 「どんどんめんめん」

calendar

YouTubeにあげている読み聞かせ動画は、この「どんどんめんめん」で21本目になります。

昔から絵本が好きで、教師時代はずっと子どもたちに読み聞かせをしていました。
前任校では特別支援学級を担任していたのですが、ほぼ毎日、朝の読み聞かせの時間をつくって絵本を読んでいました。
読み聞かせをしているとき、子どもたちの表情を見ながら読むのがすごく面白いんですよね。
ちょっと怖い場面で声色を変えるとビクッてなったり、ふざけた場面で大げさに演じると大笑いしたり。
「次はどうなるんだろう?」と期待にあふれた顔を見ながらぺージをゆっくりめくっていく、そんな瞬間も大好きでした。
読み聞かせ動画を撮っていて難しいのは、読む早さとか間とか、子どもの反応を見ながら変えていくことができなくて一方通行になっちゃうところなんですね。
「この速さでいいのかな?」「もう少し間をあけたほうがいいのかな?」常に自問自答しながら録音しています。
よかったら、感想を聞かせてもらえるとありがたいです。

この「どんどんめんめん」では、かなり早口で読んでいます。
次から次へとキャラクター性にあふれるどんぶりや麺が登場するので、テンポよく流れるように読んだほうがこの絵本の面白さが伝わると思ったからです。
特に最後の場面では、かなり息が苦しそうに読んでいるのが丸わかりでちょっと恥ずかしいです。
子どもさんの表情を見ながら読み手がまずは楽しんで読み聞かせをしてみてくださいね。