SUGARHOUSE

絵本、漫画、アナログゲームの紹介や教育、田舎暮らしなど日々のことを気ままに書いています。

電車好きの子どもにぴったり 「せんろはつづくまだつづく」

calendar

竹下文子さん文、鈴木まもるさん絵の「せんろはつづくまだつづく」です。
「せんろはつづく」に続いての第2作目になります。

子どもって電車が大好きですよね。
プラレールがあると、いろんなところに分岐をつくったり、橋脚をつけて高架にしたり、トンネルを付けたりして夢中で遊んでいます。
そんな電車好きのお子さんにはぴったりな本だと思います。

こうじちゅうだ。どうする?

たかいがけだ。どうする?

ページをめくる前に、きっと子どもは「はしをつくったらいいよ」「トンネルだ」と口々に話すと思います。
そうやっていろいろ想像を巡らせながら読み進めていくと楽しいですね。
第3作の「せんろはつづくどこまでつづく」もありますので、あわせて読んでみてください。